top of page

紅梅とメジロ

庭の紅梅も先日の暖かさのおかげで、1週間程早く満開となりました。


紅梅のピンクにメジロのオリーブ色の合う事、まるで絵画を見ているようです。

メジロは梅の花の蜜を食べにくるだけなのですが、梅にとってみればメジロはその羽毛に花粉を付け、別の花に運んでくれる大切な動物です。

メジロは梅の花の甘い蜜をもらい、梅は結実の為の花粉をメジロに運んでもらう。言わば、梅とメジロは、共に生存を懸けた密(蜜)なる関係です。


メジロの体の羽毛は全体的にオリーブ色を帯びた緑色をしており、眼の周りが白いのが特徴です。

メジロだから眼が白いのではなく、瞳は黒色で、虹彩は淡い褐色です。

眼の周りが白色の囲眼羽(いがんう)と呼ばれる羽毛になっていて、眼をぐるっと取り囲んでいるそうです。

 

今年もかわいいメジロの働きで、紅梅に美味しくて大きな実がつきますように。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page