皐月は満開だというのに…。

ふる里の庭は、つい数日前まで皐月の花で満開でした。

皐月の花は杜鵑花(ほととぎす)が鳴く頃に咲く花であることから「杜鵑花」とも書くそうです。

この満開の皐月を、ご覧いただきたかった方がいました。

今年の2月からふる里にいらして下さり、紅梅はご覧いただくことができましたが、皐月は叶いませんでした。


「もう予防では無理。

達成の為に、生きる計画作り。

生きるとは、現状維持、そして少しでも役立つことに、参加させていただく。

やさしく、たのしく、そしてやわらかい心に接することで、自分のハンディを気にしながらも参加できる。

痛い、苦しいは生きているから…。

もう少し頑張って生きたい。感謝。」

その方のお言葉です。

気高くお強いそのお言葉を拝見し、少しでも私達がお役に立つ事ができれば…と考えておりましたが、力足りず無念でなりません。

数か月でしたが、多くの事を学ばせていただき、心より感謝いたします。

ありがとうございました。




閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示